みんなのNEWS

当サイトは一般の皆様からの情報提供をもとに掲載しています。情報の性質上誤りがある場合もございますので必ず公式の情報ご確認ください。また当サイトの記事の内容についてのサッカー協会様へのお問合せはお控えください。
投稿者 mar さん 投稿日 07月16日 02:21 高校生情報・その他

【W杯7/16決勝激闘号】フランス優勝!エムバぺ決勝戦での10代得点はペレ以来!グリーズマン他4得点でクロアチアを突き放す4-2

内 容


24:00 フランス vs クロアチア(NHK)

いよいよ4年に一度のW杯、ロシアワールドカップ2018の決勝戦です!
対戦はフランス vs クロアチア。


前半の20分、PA外で倒されたグリーズマンのフリーキックに、クロアチアのマンジュキッチが頭でクリアしようとした際に、ボールの軌道が変わり、ボールはゴールへ吸い込まれ1-0フランスリード。
W杯決勝でのオウンゴールは大会史上初でした。


前半の28分、クロアチアのセットプレーから、ペリシッチが豪快に左足を振りぬき、フランスゴールをこじ開けます。
これでクロアチアが1-1とフランスと同点に追い付きました。
前半35分、グリーズマンのCKからクロアチア、ペリシッチがハンドの判定。
フランス、グリーズマンがPKを落ち着いて決め、2-1とリード。


後半の15分、フランスのポグバが超ロングスルーパスを前線に送ると、エムバぺがトップスピードで追いつくと、PAに侵入。
中央のグリーズマンに渡すと、さらに上がってきたポグバに落とすとポグバが右足でシュート、これはブロックされますが、こぼれ球をさらにポグバが左足一閃。
これがゴールに突き刺さり、フランスが3-1とリード。


さらに後半20分、フランスはゴール前でエムバぺが一瞬前が空いた瞬間に迷わずシュートを放つと、ゴール左に決まり、これで4-1とクロアチアを突き放します。
19歳のエムバぺがW杯決勝で記録した得点は、10代の選手としては1958年大会のペレ以来となる快挙です。


しかし、後半の24分、クロアチアはマンジュキッチがGKにプレッシャーをかけると、フランスGKロリスがミスキック。
これにマンジュキッチが足を出し、当たったボールはゴールへ。
クロアチアが素晴らしい粘りのプレーで1点を返し4-2。


このまま試合は4-2でフランスがクロアチアに付け入るスキを与えない試合巧者ぶりを発揮し、2点リードを守り抜きます。
フランスはジダンを擁したチームで成し遂げたW杯初優勝から20年ぶり2回目の優勝の栄冠を勝ち取りました。
フランス監督デシャンは選手としてW杯優勝、そして監督として優勝という偉業を成し遂げた3人目の監督となりました。


7/15(土)結果


決勝
  • 7月15日(日)
    24:00 フランス 4-2 クロアチア(NHK)


優勝 フランス
準優勝 クロアチア
3位 ベルギー
4位 イングランド



★大会の詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

参加型コンテンツ