チームブログ情報

松戸遠征
2021-12-13 18:24:41
セレブロFCジュニアユース

日曜日はドリプレッタU13とのTMで、松戸向陽高まで行きました。
私自身は松戸に行くのが初めてでした。
私の感覚としては、東京の向う側の千葉でした。
実際に行って見ると、三郷市を挟んで江戸川を越えれば松戸です。
外環道を経由すれば、2時間少々で行けます。
外環道や圏央道の完成で、2時間圏内も広大になりました。
私の頭では外環道は三郷で終わっていましたが、いつの間にか素晴らしい道が出来て居ました。
ビヴァイオやブリエッタが良く来てくれますが、遠路はるばる申し訳ないと思っていました。
意外と近くなっていましたね。
ナビで検索すると、東北道経由と関越道経由で丁度わかれます。
マイクロ駐車場で検索すると東北道、深谷駅南口で検索すると関越道。
結局、行きは東北道羽生ICまわり、帰りは関越道花園IC回りでした。
スカイツリーが見えてテンションがあがる、田舎者達ですが楽しいのは良い事ですね。
会場付近になると、熊谷と何ら変わりは無い様におもいますが。
そもそも、地元と比較する事が田舎者です。
そんな遠足気分もつかの間、ドリプレッタにギッチリと揉んでもらいました。
相手は千葉1部リーグチームです。
そもそも相手して貰える事が有り難いです。
身に付けている事、取組んでいる事、我々よりも半年以上先に行っています。
強いよりも上手いとの印象です。
ボールテクニックでは無く、駆引きや身のこなし、戦術や展開などです。
他県に出るといつも感じますが、やはりジュニア年代からの環境が違うと思います。
正確に言えば埼玉北部とは確実に違います。
直接この地域のジュニア年代を見て居ませんが、ジュニアユースを預かる人間の目としてわかります。
何年先を走られているのか、いや、何年遅れているのか。
この数年強く感じて来ましたが、簡単な解決法に気が付きました。
我々が外に出れば良い話しでした。
優れた地域に飛び込んで、ボコボコに叩かれて学べば良いのです。
ジュニアに限らずジュニアユースも手間暇掛けた遠征をして、もっと鍛えられる経験をすべきです。

内容の方は沢山失点しましたが、数点奪う事も出来て爪痕とまでは言いませんが、松戸まで行った意味はありました。
戦え始めた雰囲気は感じられます。
明確な課題が見つかるレベルでの収穫もあります。
本当にヤラれると、そんな事も考えられない程の無力感を持ちますが、今回は違うと思いました。
これこらもチャンスがあれば、どんどん出て行こうと思います。
私はバスを運転するだけですので。

かわいい子には旅をさせろ

少し比喩が違うかな?


当面、運が良ければJリーガーに会えるかも?

参加型コンテンツ
PAGETOP