チームブログ情報

局地的豪雨
2021-10-11 16:14:47
セレブロFCジュニアユース

土曜日はU15公式戦会場として、妻沼運動公園を使用しました。
特に雨が降るとの天気予報も無く、全く雨の準備もしませんでした。
家を出てバスに向かう途中わずか100M程の範囲で、ワイパー全開の雨が降りました。
その後は、所々で道路が濡れている程度でした。
公式戦前にU14と13のTRがり、9時前には妻沼Gに集合し紅白戦を始めました。
9時30分過ぎに雨が降り出し、10時頃には大雨になりました。
雨雲レーダーで見ると、利根川沿いの妻沼から太田地区限定の雨でした。
雨自体はどうでも良かったのてすが、ライン引きを12時迄に終らせる予定があったので、そちらが心配でした。
グランド一面に水が浮き、普通のグランドならばまず無理です。
11時過ぎに小振りになると、それから30分程度で水は全て引き、12時の段階では雨の跡形もありません。
早めに集合したレフリーチームが、その様をつぶさに見ておりこのグランドは凄いと驚いていました。
私も水捌けが良いのは知っていましたが、これ程とは思って居ませんでした。
この日集まったチームは、雨が降った事を知らなかったかも知れません。
公式戦に影響無く出来て良かったです。
結局、今回もU15にラインを書かせてしまいました。
限られた時間でしたので仕方なかったですが、そう言った下積みはやはり後輩がやるべきでしょう。
そう言ったツケは、必ず帰って来ます。
試合の方は確りと勝ち点3を取りました。
内容としては成長を感じますが、この内容を速いサッカーに対して何処までやれるかです。
少し緩い相手に出来ても、それは当然となります。
全てはこれからの勝負です。
明らかに前期とは違い良くなっています。
後はこのサッカーが出来るかどうか、勝てるかどうかです。


日曜日は白草台Gに会場変更してのTRでした。
3度目の除草が入って、とても良いコンディションでした。
前回の仕事とは比較にならない殆ど、とても丁寧で素晴らしい仕事でした。
前回、私がぼやいた所が完璧になされており、誰かが伝えてくれたのかと思える程のプロの仕事でした。

白草台に変更したのは、2つの目的がありました。
1つは新たなメニュー、シュートゲームをやる為のグランド準備。
もう一つは、ジュニア高学年に少し厳しいTRで、ジュニアユースの空気を感じて貰う事。
綺麗に整備されたグランドで、ランパスを実施しました。
4年は10分
5,6年は15分
U13も15分
ジュニアは不安な表情を浮かべますが、ジュニアユースは安堵の顔です。
ジュニアは皆頑張りました。
苦しいTRほど選手の本質が表れます。
6年組はどう感じて走ったでしょう?
この倍の時間で3日連続でやって来た仲間が居ます。
彼等は楽しい所に行っている訳ではなく、むしろ苦しい所でTRしています。
そんな雰囲気伝えたかった、それが本音です。
5年生の喰い付きは良かったですね。
あと15分行けそうでしたね。
苦しい走りを楽しそうに、いや嬉しそうに見えました。
今度30分行くか!

同じグランドにジュニアユースが居る、この環境はとても意味があると思います。
それこそが、我々の持つストロングポイントだと考えます。

参加型コンテンツ
PAGETOP