みんなの速報

インフォメーション

少年サッカー応援団企業



チームブログ情報

Jデビュー
2021-04-26 17:47:29
セレブロFCジュニアユース

先週の火曜日、鹿島アントラーズの須藤直輝選手がプロデビューしました。
約10分のプレーでしたが、立派なデビュー戦でした。
高卒ルーキーでトップに出るだけでも凄い事です。
今後の活躍を期待しましょう。
後輩諸君も、偉大な先輩の活躍に奮起を期待します。
ゲーム終了後の直輝の行動は、まさに彼を表すそのものでした。
相手サポーターに向かって一礼したその姿は、人間須藤直輝そのものでした。
ああいった行動は、本当に昔から変わりません。
彼を知る者として、とても誇らしい気分でした。
ナオキ効果もあってか、セレブロジュニアは行く度に人数が増えています。
現場は大変ですが、有り難い限りです。
このところジュニアに顔出しする機会が増え、私に慣れた選手も増えました。
私本来の仕事をやろうと思い、休憩中やTR後の選手にちょっかいを出して見ました。
TRとは違った合間のボール遊び、これこそがジュニアに最も必要な事だと私は確信しています。
TRの待ち時間やゲームの合間など、この時間をどう利用するか、それこそがナオキに近づく道です。
最近セレブロの選手に、ラボーナを教える機会が殆どありませんでした。
初心に帰り、こう言った必要な無駄をできる限り復活させようと思います。
ラボーナを蹴れるようになる為の確立した理論を、私は持っていると自負して居ます。
30年経った今でも、子ども達の食い付きは抜群です。
ラボーナを蹴らなくなって何年だろうか?
もうとても蹴る事は出来ない。
この数年を痛く反省。
二段蹴りとラボーナで、まだ少し寿命は残っているかも知れません。
昨日のTMで、久々にアッカを出した選手が居ました。
数年ぶりでTM中に、ナオキの匂いを感じました。
ちなみにU13の選手でした。
TR前に白草台で自主練習する選手も居ました。
良い事ですね。
その思いが必ずや自分を強くしてくれるでしょう。
でも今日は北辰テストじゃないか?
まぁ良しとするか。

夕方からはナイターで、ラファーガとTMでした。
確りとしたサッカーを厳し過ぎるくらいアグレッシブにやって来るチームで、この時期の14と13には良い経験になると思い、無理を言って来て頂きました。
狙い通りの展開で、14は少し目が覚めたように思います。
アグレッシブ過ぎて少し荒くなりますが、ちょうど良い薬だったと思います。
それでも闘えたのは、15に行っている5人の力を借りたものです。
その力を借りずに戦う力が欲しいですね。
今日グランドを描いたのは13
その事忘れるな

13諸君は3度目のTMでした。
今回は相手にU14が5人入ってのものでした。
いきなり度肝を抜かれるくらいの、激しさと速さでした。
その中でも良く食らいつき良く戦ったと思います。
スタイルも良い方に変わって来た選手もいます。
13の一本目がかなり刺激になったのか、14も厳しく戦えていました。
この時期にこの経験、少しくらい足が痛くてもアザを作っても、それ以上の経験と収穫になりました。
U12から呼んだコウも、2戦連続ゴール。
今後も可能な限り、ジュニアから召集します。
皆で刺激しあう良い環境です。
少ない人数を逆手に取り、最大限その環境を利用します。

あの激しい中で、一歩も引かず戦ったのはミユ。
ボールを受けて自ら前に出たあのプレーは、夢が現実になる一歩かも知れない。
仲間もプレー中は、もう誰も女子だとは思わないだろう。
私もそうする事に決めた。

参加型コンテンツ
PAGETOP