チームブログ情報

対 加須Jr 0-0 分け 高いDFラインを保ち、お互いコンパクトなゾーンで戦
2018-07-10 03:05:33
大宮西カリオカフットボールクラブ
対 加須Jr 0-0 分け 高いDFラインを保ち、お互いコンパクトなゾーンで戦う前半でしたが、シンプルに背後のスペースを狙うことを意識させました。 最初は、背後を狙うのが前線の選手のみで、オフサイドに何度もかかってしまいましたが、途中からは二列目以降の選手がスペースへ飛び出し始めたことで、良い形も出て決定機も作れましたが、シュートを決めきれませんでした。 後半になると、少し相手も間延びしてきたんで、ルーズボールも拾いやすくなったことで押し気味で試合を進められ決定機も増えたが、結局今回は得点という形にすることが出来ませんでした。 このチームは、少しフィジカルが低く、身体の小さい者が多く、攻撃時にパワーやスピード不足を感じる場面が多いです。 一人一人の力は弱いですが、でもその分様々な物事をみんなで協力して行う真面目さが彼らの良さでもあります。みんなで身体を張ってボールを奪い、みんなでフォローしあってパスをつないでボールを運ぶ。 ここまでは彼らの良さを出したスタイルで戦えると思います。 しかし、最後にシュートを打つ時は基本的に一人です。公式戦では相手も必死に守ってるので最後まで粘って身体をぶつけてきます。その当たり合いに耐えながらシュートまでもっていける身体の強さを持つ者が今のチームには足らない部分だと思います。 だから、ゴール前で一瞬フリーになったり、相手より先に触れる瞬間にシュートまでもっていかないと得点になりません。その瞬間に利き脚でないとか、タイミングが合わないとかは言ってられないです。 どんなに自分にとって苦手なシチュエーションであろうと、その瞬間のベストタイミングでシュートにいかないと今の彼らでは得点にならないと思います。 おそらく、この部分は彼らの今年一年の大きな課題になると思います。 今後も、今回のようになかなか得点にならない展開のゲームが多いと思いますが、上級生チームに上がった選手の力を借りないと決めた以上、逃げずにチーム全員で立ち向かっていきたいと思います。
参加型コンテンツ
PAGETOP