チームブログ情報

富士急
2018-03-12 16:42:06
セレブロFCジュニアユース
昨日はU15が送別会として、富士急ハイランドへ行ったようです。
受験から解放された諸君は、さぞ楽しい時間を過ごしたでしょう。
つかの間の休息ですが、これから始まる高校生活に向けて、確りと準備して下さい。
この子達は、クラブが現体制で新にスタートした学年でした。
本当に大切に育て上げた子達です。
対外成績だけを見れば、成果を残す事は有りませんでしたが、直向きに取り組み本当にサッカーが好きな子達です。
サッカーへの情熱は過去に於てもナンバーワンだと思います。
コツコツと積み上げた基礎技術は、必ず高校で花開くと確信しています。
良くも悪くも、上手い事と強い事はイコールでは無い、そんな言葉がピタリとはまるチームでした。
はじめてサテライン室に集まった時は、今よりはるかに小さかったですが、今は私を見下ろすものや同じ視線の子が半数近くになりました。
本当にセレブロを愛し、セレブロに愛された年代です。
昨日が全員で乗る最後のマイクロバスでもありました。
三送会をマイクロバスで連れて行くクラブって他にあるんですかね。
しかもドライバーはチーム代表と、このチームの仲の良さこそがセレブロを象徴していると思います。
その分私は、13と14を率いて深谷中でTMでした。
その深谷中を集合場所にしてしまう所もさすがセレブロ。
私服とトレーニングウェアーが混在する不思議なバスでした。
全員で集まるのも後数回
その時を大切にして下さい。
絶対に楽しかったよな
俺も行きたかった
親子の歳の差だけど

一方、我々のTMは良くも無いけど悪くも無い、そんな内容です。
良くも無いとは、ゲームを完全に支配しながらもゴールに繋がらない、縦1本で簡単にピンチを作ってしまう。
悪く無いとは局面に於てはその力量差は歴然とし、その違いをハッキリと見せつける事は出来ているし、失点をしなかった事。
それでもスコアー上は、互角の戦いが出来たと相手に錯覚させてしまう事になる。
深谷中とのTMはいつもそんな展開で、正直相性は良くないのでしょう。
当然選手も深谷中生が沢山居ますし。
それでも、深谷中が自信を付けてくれたら嬉しいのも事実です。
教育振興会長としては、是非県大会に出て欲しいので、その意味もあり定期的にTMを組み入れています。
現顧問も本年度末で移動になりますので、お礼の意味もありました。
新校長はある程度予想出来ていますが、さすがに新顧問までは私にも分かりません。

昨日、U13.14選手に欠けている部分を、一人の選手が問題提起してくれたように思いました。
早々に一点を奪ってから、少し気の抜けた雰囲気がちらほらと見え、終盤は続けてピンチを招き劣勢にもなりました。
個の能力や局面の能力に於ては、正直その差は歴然です。
しかし、一点差のゲームであれば相手に言い訳をさせてしまいますし、何よりもゲームを確りと決める事が大切です。
25分二本で1-0と逃げ切りましたが、3-0以上で終わらせなければならない内容でした。
勝ったゲームでこの選手は、ベンチに戻り一人号泣していました。
彼が何を思い語りたかったのか、その真意は分かりません。
自分のゲームにかける思い入れと、ただのTMの1つ位に考えている仲間の意識の低さ、強い思いで挑んだ自分の気持ちが伝わらなかった事が、彼には情けなかったのだろうと私は推測しました。
そうした一つ一つ取り組む思いの強さが、勝って行くチームを作るのだと思います。
昨日の空気感としては、確実に部活を何処からか少し見下したような雰囲気がありましま。
相手を見下す奴は、自分より強そうに感じる相手には、自ら簡単に見下されに行ってしまいます。
そんな空気感に一石を投じてくれたのかなと感じ取りました。
正直、この子の内面的な強さを初めて見た気がしました。
私がこの子を初めて見た直感通り、この子は深谷の宝だと改めて思いました。

今後チーム全体として考えて行かなければならない課題があります。
相手ゴール前に押し込んでいるのにも関わらず、3秒後にはピンチになってしまう。
13も14も殆どがこれに該当します。
皆で考えましょう。
参加型コンテンツ
PAGETOP