みんなのNEWS

当サイトは一般の皆様からの情報提供をもとに掲載しています。情報の性質上誤りがある場合もございますので必ず公式の情報ご確認ください。また当サイトの記事の内容についてのサッカー協会様へのお問合せはお控えください。
投稿者 Niki さん 投稿日 03月15日 15:45 保護者役立ち情報

意識も呼吸もない!だれにでも起こる可能性のあるジュニアの死亡事故を AEDで防ぐために

内 容

AED(自動体外式除細動器」を知っていますか?

試合の時、よく本部テントで見かけるオレンジ色のプラスチックの箱。AEDと表面に書いてあるものがほとんどです。

今まで元気に試合で走り回っていた子供が、ゆるいパスを胸で受け、次の瞬間倒れた!意識も、呼吸もありません。そんな事故があります。これは大変危険な事故で、1分間に10%生存率が下がります。10分間で生存率は0%です。

持病のあるなし、体の強い弱いに関わらず、だれにでも起こる可能性のある事故。AEDを使えば助かる命が、あたふたしていて救急車が来る(全国平均20分)前に命を失う…。

こんな悲しい事故を起こさないために、ぜひともAEDについて知っておいてほしいのです。

なぜそんな事故は起こる?
リスクはボールが当たるだけじゃない
AEDを使ってみよう
AEDを使うときの3つの疑問
AEDがない場所での事故、どうする?
心臓マッサージについての疑問
このような病気も心室細動を起こします
AEDの情報はこちらの本が参考になります
実際に起こった事故



気になる項目がありましたら
↓↓↓こちらのジュニアサッカーNEWSをご覧ください↓↓↓

10分間が生死を分ける!AEDを使えば防げるジュニア選手の死亡事故


参加型コンテンツ
PAGETOP