チームブログ情報

ダノンネーションズカップ2018 埼玉会場 結果報告
2018-01-10 01:44:48
ポルターラ水戸サッカークラブ

1/8(祝)さいたま市レッズランドで開催されたダノンネーションズカップの結果報告を致します。

第1試合 vs Wings 1-1 引き分け
第2試合 vs 清瀬VALIANT 0-0 引き分け
第3試合 vs YSCC 1-1 引き分け

第1試合は、Wings(千葉県)東京ヴェルディ支部を相手に攻め混まれる場面が多くあり1点を先制されましたが、その後の攻撃を粘り強く守り、同点に追い付き1-1のドロー。
第2試合は、清瀬VALIANT(東京)相手に終始ポゼッションをして惜しい得点場面もありましたが0-0のドロー。
第3試合は、YSCC(神奈川県)J3の下部組織相手にも終始ポゼッションをしてイニシアティブを握り試合を展開。先制をしましたが試合終了間際にセットプレーから同点に追い付かれ1-1のドロー。

3試合共に引き分けで惜しくも勝点3の予選リーグ敗退となりましたが、関東の強豪チーム相手に終始ポゼッションが出来て粘り強いプレーも見せてくれました。

負けない、点を取られない為に前線に大きく蹴ってくるだけのチームが多い中で、ポルターラはGKから開いたDFに繋いでビルドアップ、サイドが幅を取って相手を開かせての縦パス、ボランチを経由して逆サイドへの展開。
点を取られる事を怖がらずに自分達らしいサッカーを貫いた選手を見て、この年代でしっかりポリシーを持ってプレーしている選手達には誇りを持って欲しいと強く感じました。
そして同時にJリーグの下部組織が多く参加しているこのレベルでも、このチームが十分通用すると僕自信も改めて感じる事が出来て、選手と共に自分自身にも良い経験になったと感じています。

ただ緊張で固くなり、小さなミスや視野が狭くなって普段出来ている事が出来きていなかったので、普段のプレーがもっとしっかり出来ていれば1位突破も十分に狙えたと思っています。

セットプレーの失点や、速いプレッシャーの中での状況判断、トラップやパス等1つ1つのプレーの正確性、そして緊張感の克服。
課題はまだまだありますが、それは伸び代があると言う事。

選手達には、この良い経験を生かして1/28の中村杯県大会に向けて1日1日を大切に過ごして欲しいと思います。



参加型コンテンツ
PAGETOP