みんなのNEWS

当サイトは一般の皆様からの情報提供をもとに掲載しています。情報の性質上誤りがある場合もございますので必ず公式の情報ご確認ください。また当サイトの記事の内容についてのサッカー協会様へのお問合せはお控えください。
投稿者 OMO さん 投稿日 10月08日 16:23 トレセン

優勝!U-16日本代表  AFC U-16選手権マレーシア2018 12年ぶり3度目~ アジア王者~

内 容

U-16日本代表は 10月7日(日)、「AFC U-16選手権マレーシア2018」の決勝でU-16タジキスタン代表と対戦し、FW西川潤(桐光学園高)の決勝点によって1-0でU-16タジキスタン代表に勝利。日本は94、06年大会に続き12年ぶり3度目の優勝をしました。


【U-16日本代表戦】
9/20  5-2 タイ
9/23  0-0 タジキスタン
9/27  2-0 マレーシア
9/30  2-1 オマーン
10/4  3-1 オーストラリア
10/7  1○0 タジキスタン

決勝で対戦したタジキスタンは初の決勝進出を果たしたチームですが、日本はグループステージ第2戦で0-0のスコアで引き分けている相手。日本はこの決勝に向けてもメンバーを刷新し、4-4-2システムで臨みました。GKに野澤大志ブランドン選手(FC東京U-18)が抜擢され、4バックには右から角昂志郎選手(FC東京U-18)、鈴木海音選手(ジュビロ磐田U-18)、半田陸選手(モンテディオ山形ユース)、中野伸哉選手(サガン鳥栖U-15)、中盤は右から中野桂太選手(京都サンガF.C.U-18)、全6試合先発の横川旦陽選手(湘南ベルマーレU-18)、成岡輝瑠選手(清水エスパルスユース)、三戸舜介選手(JFAアカデミー福島)、そして2トップにはエース西川と今大会5得点で得点ランキング首位タイの唐山翔自選手(G大阪ユース)がコンビを組みました。

試合はやや予想外の流れで幕を開けます。グループステージでは引いて守りを固めてきていたタジキスタンでしたが、前からプレッシャーをかけてくるアグレッシブな戦術で良い形でボールを奪うと一気にシュートにまで持ち込みます。日本は相手のアグレッシブなプレーに苦しむ展開になりました。

さらに試合前に降り注いだ強雨の影響からピッチ状態が悪く、日本はパスワークで思うようにボールを動かせずに苦しみます。24分にはGKと1対1になるピンチも作られますが、これは野澤選手がビッグセーブ。日本は西川や中野桂が遠目の位置からでも積極的にシュートを放ちますが、タジキスタンの粘りあるプレーでゴールは簡単には割らせてもらえませんでした。

ハーフタイムで日本は攻撃の戦術を微修正。タジキスタンの守備陣を切り崩しにかかります。54分に中野瑠馬選手(京都サンガF.C.U-18)を投入して攻勢を強める中で迎えた68分、ついに先制ゴールを奪い取ります。中央で西川選手のパスを受けた中野桂選手がドリブルシュート。これは相手DFにブロックされてしまいますが、こぼれ球を中野瑠選手が鋭い切り返しで相手DFを抜き去り中央へ折り返します。これに西川選手がボレーシュートでしっかりと合わせ、日本は待望の先制点を獲得しました。その後は落ち着いてボールを繋ぎながらゲームをコントロール、試合の主導権を握ります。

体力的に非常にキツイ終盤。その後はタジキスタンもタフな反撃を見せますが、日本は半田選手と鈴木選手の両センターバックを中心に落ち着いて対応します。最後まで全員で走り抜いた日本が1-0で見事に失点ゼロで抑え切ってみごと優勝、12年ぶり3度目となるU-16年代のアジア王者に輝きました。
アジアチャンピオンとして来年のU-17ワールドカップ(ペルー)に臨む日本は、今大会で選手たちの成長ぶりと今後新たな競争を経て、更に期待が益々膨らむ世代にるでしょう。


また<未来の日本代表選手>も各地区で熱戦を繰り広げています。ジュニアサッカーNEWSではその熱戦の模様をみなさんにお届けしています。ぜひこちらもお見逃しなく!!

【2018年度高校選手権一覧】各地で予選スタート!【47都道府県別】

【2018高円宮U-15】ユース(U-15)サッカー選手権大会(代表決定戦)各地熱戦はじまりました!【47都道府県別】



関連記事


☆U-17ワールドカップへの出場権をつかんだ日本代表。今大会でよりパワーアップし、更に楽しみな世代ですね。
今後の選出選手にもかなり注目も集まると思いますが、選手のみなさん頑張ってください、応援しています。


詳しくはジュニアサッかーNEWS

参加型コンテンツ