チームブログ情報

サム・グレコる。
2018-11-08 14:06:35
FC.ESTRELLA
どぅも。


サムグレコです。


えぇ…そうなんですよ。

今回はサムグレコる回なんです。



さて、エストラージャただいま怪我人が多いです。



普段から剣道の達人が木刀で打ち込んでくる「後の先」を読んでスリ抜けるドリブルの練習や、高山ロープウェイのロープを目隠しリフティングで綱渡りしたりと過酷を極めるトレーニングを毎日行った結果…怪我人が続出です。



これからは反省して、ボールプールで遊ぶ小さい子のボールをスライディングで奪い取るソフトな練習に切り変えていきます。




ん?サムグレコ?
いやいや、まだなんですよ。



簡単にはグレ子へは辿り着けさせないんだからね!!



シンドイ方は読んだ後、時間の無駄を激しく感じますので、この辺で読むのやめてください。



中学生はテスト対策を貼っておいたので、最後まで読み上げて暗唱できるように。




さて…


小学生は成長痛やら。

中学生は練習中の事故やら。



まぁ〜!症状も様々です。



怪我ってるのもいろんな理由が挙げられそうですが、私が感じているのは柔軟性という在り来たりな理由だと考えています。



私も少年期から半月板損傷…膝の剥離骨折…踵やら足の裏に成長痛らしいのを抱えていた子どもの頃でした。



病院で指摘を受けるまでは、身体の柔らかさなんてものには興味もなく、器械体操やバレリーナ的なひとがやるもんなんやなー。と浅く考えておりました。



じゃあ柔軟体操やるかぁ!!
ってはじめてはみるものの、誰がそんな痛いことひたすらに続くかね。



そういう強い意志と明確な目標を立てられる子は立ち向かえるかと思いますが、当時のとくまる少年には酷すぎた。



ご安心下さい。
もうすぐお待ちかねのサムグレコです。




「あーあ。」

「サッカーは痛くてとてもじゃないけど出来ねーし、柔軟体操なんて即効性のない痛いことなんて嫌だし、ゲームでもしよーっと!!」



当時というか、幼少期から格闘技が大好きで、ボクシングはもちろんのこと、K-1前身の頃の佐竹VSアンディフグの試合時間で決着つかず、謎の瓦割り対決が行われていた頃から、国内の立ち技を見ていました。


たぶん結果は佐竹の方が多く瓦を割って勝ったような気がします笑



しばらくして興行としてのK-1が大フィーバーするのですが、ちょうどその頃にK-1WORLD grand prixという初期プレステで発売されたソフトがありました。



怪我でサッカーが出来ないとくまる少年はそのゲームに没頭していました。



余談ですが、人気にあやかって適当に作った企画モノゲームは、ゲームバランスが絶妙に悪く、アンディフグとピーターアーツがチートと化しておりました。




そんなこんなであの手この手で勝ちながら、全クリし倒したのですが、K-1のエンディングに流れる曲(プリンス GOLD)がゲームのエンドロールで流れる為、それを聞きたいが為に何度も世界王者になってみたのです。



ほんでサッカー出来ずにやさぐれて、ゲームでチートキャラで八つ当たりしている私の目に飛び込んで来たのは、エンディング中に流れる選手達のオフショット映像でした。



試合に向けて、ものすごいトレーニングで身体を作り、試合前に股割り以上のエゲツない柔軟体操をしているのです。



プリンスの曲に乗せて、普段試合では鬼の形相からは想像出来ない笑顔でストレッチするサムグレコには、右ストレートのダブルを貰った感覚でした。



本来ならサムの右ダブルにバンナのように気絶するところが、画面の中のサムとストレッチを一緒に気がついたらひたすらやっていました。



それが何日も続いたある日。



怪我も治って、股割りこそいかないにしても格段に柔らかくなった身体は使いやすく、怪我のブランクは全くと言っていいほど感じませんでした。



サムグレコ…ありがとう。



あなたとプリンスがいなければ、子どもの頃のワイ少年はストレッチに向き合うことは到底出来ひんかった。



険しい顔と試合前の煽り映像の印象しかなかったサムの笑顔に、もう心を奪われて半分マニアと化していた当時の私はサムグレコのことを調べた。



な、なんと…サムグレコはK-1や空手世界一、ムエタイチャンプで有名になる前はオーストラリアで26歳くらいまでプロサッカー選手だったのだ。



それが極真空手から正道会館を通じて、K-1のリングに上がった彼は筋骨隆々としており、サッカーや空手で鍛えた綺麗なキックよりも、強烈なパンチの印象の方が強い人が多いかもしれない。





皆の記憶にはK-1GP優勝もせず、地味な印象もおありかと思う。



しかし、今でも私の神はサム・グレコなんですよ。





エストラージャの少年たちよ。



結果…サムグレコになりなさい笑





では、最後に中学文法の活用で「サムグレコる」を確認していきましょう。


「ない、ます、マル。とき、ば、ビックリ!ウー」を当てはめていきましょう。


サムグレコらない。 ら

サムグレコります。 り

サムグレコる。 る

サムグレコるとき。 る

サムグレコれば。 れ

サムグレコれ! れ

サムグレコろう。 ろ


はい。
綺麗に「られるれろ」が出揃いましたね。


サムグレコのラ行変格5段活用でした。

ここテスト出るからね〜!!



てばまた。

参考資料:プリンス GOLD
参加型コンテンツ
PAGETOP