チームブログ情報

甥っ子の結婚式
2018-02-11 07:27:21
浦川原イレブンボーイズ
おはようございます。

今日は嫁さんの兄の子ども、甥っ子の結婚式に家族でお招きいただいたので、みんなで出席してきます。

結婚式に出席するのも、本当に久しぶりです。

最近ずっと葬儀に参列することが多かったので、今日はお祝いで礼服を着れることに嬉しい気持ちになります。

新しい二人の人生の門出に、立ち会ってきます。

イメージ 1
(昨日は、車庫の屋根に上がりました)

イメージ 2
(屋根の上)

イメージ 3
(西側は積雪約1mくらいあったでしょうか)

イメージ 4
(2時間かけて、完了、喉がカラカラです)

イメージ 5
(周りを見渡せば、みんな屋根にあがっていました)

イメージ 6
(屋根も軽くなったでしょう、私もホッとしています)

昨日は、浦川原コミュニティプラザで開催の「イノシシ被害防止対策研修会」に参加してきました。

農業をされている人は鳥獣被害、とくにイノシシによる田畑の被害が最近浦川原区においても拡大しています。

鳥獣被害防止対策には「被害防止」、「有害捕獲」、「生息環境整備」等の取り組みを地域ぐるみで総合的に実践することが重要であるが、的確に地域で対策を実践する人材の確保・育成等も課題になっています。

昨日の研修会では、イノシシに関する専門知識や技術を学ぶとともに、地域の被害状況等を共有し、イノシシ対策の実践等について情報交換をしました。

イメージ 7
(昨日は浦川原区だけでなく、大島区、安塚区の皆さんも参加)
※鳥獣対策の関心の高さがわかります。

イメージ 8
(講演「イノシシ対策の基礎及び実践的手法について」)
※(講師)NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ 今村舟 様
まだ若い方ですが、イノシシの生態について
分かり易く説明いただきました。

イメージ 9
(事例紹介では「ジビエ利活用施設の設置と今後の活動計画について」)
※柿崎で活動している「柿崎ブーシェリー」副代表 岸田健 様から
お話を聞きました。

上越東農林事務所から「上越東のイノシシ被害の実態と対策の必要性について」説明があり、上越市からも被害状況の説明もありました。

イメージ 10
(研修会終了後、会場を変えてさらに検討会)
※上越市・野口副市長からもお越しいただきました。

浦川原区認定農業者会の西山会長の挨拶でスタート。
浦川原区の皆さんと危機感をもって情報交換

イメージ 11
(今回は猟友会の方も参加で、貴重なお話を聞けました)
※銃や罠を仕掛けるにも資格、登録料がかかります。
会員も減少しているのが現実で、
今後、若手の方の資格取得や協力が必要です。
猟友会と農業者、そして地域との連携も重要だと考えます。
これから上越市としても、支援をしっかり考えていきましょう。

こうやってみんなで共通意識をもって集まり、勉強し
そして次に進んでいきましょう。
とても良い会だったと思います。

イメージ 12
(最後は用意してくれた“イノシシ鍋”をおいしくいただきました)
※今後、ジビエをおいしくいただく事も期待されます。
おいしかったな、私の口にはイノシシのお肉は合いそうです(笑)。

参加型コンテンツ
PAGETOP