チームブログ情報

視察2日目
2018-01-24 05:27:22
浦川原イレブンボーイズ
おはようございます。

視察2日目、今日は名古屋駅前のホテルで朝を迎えました。
今日は、名古屋駅発“しらさぎ1号”7時50分に乗って金沢駅まで、石川県かほく市での視察の為、ホテルを7時25分早い出発になります。

しかし、その“しらさぎ1号”が風や雪の影響で運行しているかが問題で、もしかして北陸日本海側が大雪と吹雪で荒れている場合は運休で、行けない場合があります。なんとか金沢駅まで行ければいいのですが、心配です。

昨日の視察初日、「静岡県長泉町」での視察は順調でした。

イメージ 1
(昨日のほくほく線“うらがわら駅”からの風景①)
※今朝は雪が降っているでしょうか。

イメージ 2
(うらがわら駅からの風景②)
※昨日は穏やかな朝でした。

イメージ 3
(昨日も朝7時10分発だったので、早い出発でした)

イメージ 4
(大宮駅を過ぎて、雪景色が広がっていました)
※関東地方にも雪が降って大変でした。

イメージ 5
(東京駅構内に残雪がありました)

イメージ 6
(三島駅から長泉町役場へ向かいました)
※静岡県は快晴、でも風が強かったです。

イメージ 7
(長泉町議会議長さんからご挨拶いただきました)
※まだ47歳、若い議長さん(4期)でした。

イメージ 8
(「人口増加につながる取り組み」について)
※長泉町企画財政課から説明を受けました。

今回、初めて長泉町を知りました。
静岡県と言えば静岡、清水、浜松、沼津、それに伊豆半島、浜名湖、富士山くらいしか知りませんでした。

長泉町は企業誘致に積極的に取り組み、有名な会社では東レがありました。さらに県立がんセンターを誘致したことで、安定した雇用の創出と人の流れをつくっていました。

さらに優れた交通アクセスがあり、三島駅から東海道新幹線ひかりに乗車すれば東京駅まで45分でいけるそうで、新東名高速道路の開通で良好なアクセスで可能性が広がったようです。

「長泉町まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、「日本一の“笑顔が輝き続けるまち”を目指す、住民満足度向上戦略」を展開していました。

何よりも感じたのは企業誘致により安定した税収を確保でき、子育てや教育に対する支援が充実していれば、自然と人口も増加し、住み続けてくれると感じました。

「三世代同居支援補助金」や「大学生等の新幹線通学定期券購入補助金」や「大学・専門学校卒業後長泉町に就労し、町内に居住する奨励金交付」など学生の支援をおこなっています。
上越市で新幹線通学定期券購入補助金は実施しているなと感じました。

でも住宅団地が少ないようで、土地も高騰しているので、土地を購入することが困難であるようです。空き家は存在していないようですが、住みたいと思ってもこれでは困ってしまいますね。

現在、なかなか長泉町の知名度が低いため、そのPRにも力を入れていました。

イメージ 9
(委員の皆さんと長泉町議場にて)
※皆さんと元気に視察しています。

イメージ 10
(ピンクやイエローなど、役場も明るいイメージでした)

イメージ 11
(この“ニコニコ”のモニュメントで長泉町をアピールしているそうです)
※ゆるキャラに乗り遅れ、でもまねをしなくないと言うことでした。

イメージ 12
(昨日は三島駅をあとに、車窓から富士山が見送ってくれました)
※やはり日本一の山ですね、元気をもらいました。

今日もがんばってきます。

参加型コンテンツ
PAGETOP