チームブログ情報

視察へ(人口減少問題調査対策特別委員会)
2018-01-23 05:42:41
浦川原イレブンボーイズ
おはようございます。雪が降ってきました。
ニュースでは関東方面にも雪が降っていて、交通機関が混乱しているようです。
まだまだ大雪の予報が続いています。
気をつけて行きましょう。

この天候の中、昨年から予定していた私が所属している「人口減少問題対策特別委員会」の視察に、今日から一泊二日で行ってきます。

行先・視察の目的は、以下の通りです。
●(23日)静岡県長泉町
「人口減少につながる取り組みについて」
●(24日)石川県かほく市
「人口減少対策と若年層が定住するまちづくりについて(定住促進の取り組みについて)」

人口減少は全国的に大きな問題で、どの自治体においても大きな課題をもって、いろいろ積極的に取り組んでいます。
今回はこの雪の中の視察です。順調に目的地に行けることを願って、しっかり勉強してきます。

***************

昨日は、久しぶりに会派メンバーが揃い、新年初の打合せをしました。
内容は、来月会派の皆さんと行なう視察内容の確認と、会派の活動報告についての打合せをしました。

そして午後からは全議員懇談会がありました。
議長の活動報告のあと、少しの時間を利用して、タブレット操作の勉強会を行ないました。

イメージ 1
(タブレット導入検討委員会の江口委員長の説明で操作確認)
昨年の12月議会から本格的に試行して、いろいろ検証しています。
各議員タブレットの操作レベルに差があるのが現状です。
苦手な議員もタブレットに多くさわって慣れてもらうしかありません。
これからも、皆さんで協力して教えあって
成果をだしていきたいと思います。

その後、議員勉強会では「部落差別解消推進法の意義と背景」と題して、講師に「敬和学園大学 人文学科 藤野豊 教授」をお招きして、ご講演いただきました。

イメージ 2
(藤野先生から同和問題の現状を聞くことができました)
※昨日は貴重なお話ありがとうございました。

「部落差別解消推進法」が施行されて、部落差別など解消に向けて進んできました。
「ハンセン病問題基本法」「ヘイトスピーチ規制法」などの法律も施行されて不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進も進んできたようです。

しかし現在インターネットの影響で差別の形態が変化していて、インターネットのような表現や伝達の仕方の変化によって逆にぶり返してきたり、新しい差別が生まれているのではないかと、最後先生は心配されていました。

人種、生活保護者、障がい者、部落差別など、まだまだ皆さんの心の中に多くの差別というものがあるようです。

最後、藤野先生から新潟県は同和問題について、全国の中でも一生懸命取り組んでいる自治体だというお言葉をいただきました。
上越市でもしっかり取り組んでいると思います。
重要なことはその教育と啓発の継続でしょう。
今後も、小さな事からでも継続して取り組んでいきましょう。

(おまけ)
イメージ 3
(我が家の椅子の座布団が新しくなりました)
※イチローが気持ちよく寝ています(笑)。
♫イチローは座布団の上で丸くなる♫
イチローには雪の影響も関係ありませんね(笑)

これから本当は車で上越妙高駅に向かおうと思っていましたが、駅までの道と、駅前の駐車場も心配なので、家に車を置いてほくほく線の電車で家の前から上越妙高駅まで向かおう思います。
まだ私は家の前から電車に乗れるので助かります。

無事に目的地に着いたら視察報告します。
では気をつけて、視察に行ってきます。

参加型コンテンツ
PAGETOP