チームブログ情報

06~08/ene./2018 ◆06/ene. TRM v/s Orient(筑豊緑地公園人工芝G)
2018-01-08 20:25:54
ミレニオ・アスレティッククラブ・サッカースクール
06~08/ene./2018 ◆06/ene. TRM v/s Orient(筑豊緑地公園人工芝G) ◆07/ene. TRM v/s Natatsu 2002(乃木浜第2クレー) ◆08/ene. TRM v/s Kawanaka J.H.S. Camilia Chikushino(川中中学校) 先日の会議で、チャンピオンズリーグ2018前期の日程がほぼ決まった。 CL1部開幕を1ヶ月後に控え、6~8日の三日間、九州および市内の強豪チーム、好チームに鍛えてもらった。 年末年始の休み明けで、いきなりTRMに臨んだため、決してコンディションが良かったとは言えないが、明日からのトレーニングのテーマ(=現時点のチームの課題)を見つけることが出来た。言ってみれば、それがこの三日間の収穫。 中学生年代の広いピッチのサッカーを制するのは体格体力である。 われわれの最大の課題でもある。 しかし、フィズィコ(fisico、体格体力)の強くない選手は、そういったトレーニングを嫌がったり、消極的になる傾向にあるのも事実。 身体は、一朝一夕には作られない。毎日地道に少しずつ、3ヶ月、6ヶ月、1年と続けてはじめて成果が見えてくる。 チームの活動以外でも、ステップワークや体幹トレーニングなど、自主的かつ積極的に取り組んで欲しい。 年末の遠征の最後に選手たちに話したことだが… 体力面が伴えば、もっと活躍できそうな選手がたくさんいる。 例えば、毎日寝る前に、 ①ステップワークや体幹TR.をして ②温かい牛乳を飲んで ③眠る ①トレーニングをし、②30分以内に良質のタンパク質を摂取し、傷ついた筋肉を補修 ③深い眠りに入ることで成長ホルモンを分泌 ①刺激 ②栄養 ③休養 をバランス良く身体に供給することで身体が成長する。 数ヶ月後には、必ず成果が出ているはず。 取り組んでほしい。
参加型コンテンツ
PAGETOP