チームブログ情報

12月28日(金)ジュニアユース練習納め
2018-12-31 10:10:02
SC鳥取プエデ

ジュニアの練習納めの後、ジュニアユースも練習納めを行いました。

前日までの遠征で疲れていたでしょうが、そういった疲れを行動に出している選手はほとんどいませんでした。

むしろ、目がギラギラとしていて、「もっとうまくならないと!!」という雰囲気が感じられました。

 

2日間の遠征で、いかに自分はまだまだ足りないものがあるか…それがよく分かったからだと思います。

 

みんなが今回経験した通り、「できないこと」や「足りないこと」は次のステージへのヒントなのです。スタートなのです。

これからもいろいろな経験を積んでいくことでしょうが、それを忘れないでほしいなと思います。

つらいことやできないことにぶつかったときが、成長のスタートなのだと。

 

 

この日は、今回の遠征で不足していたボールをゆったりと持つことができるようになるために、様々な角度へのターンをTRしました。

早速、苦手な足でやり込む意欲的な選手がたくさんいました。

 

しかし、ゲームでのチャレンジはどうだったでしょうか?

どんなにドリルで磨いても、実際のゲームの場面で使えるようにならないと…しかも、最終的には苦しい場面でもそれが選べるようにならないと本当に身についたことにはならないと思います。

そこのレベルまで、粘り強くやり抜くような環境をつくるのが私の仕事であり、そういう環境がつくられる前にやり切ってしまえるくらい自分からやり込むのがみんなに要求される理想の行動ではないでしょうか?

 

 

遠征では、それぞれの選手が非常に貴重な経験を積んだと思います。

それが1つの「思い出」で終わらず、これからの自分の成長の「糧」に着実にできるような行動を積み重ねていきましょう!!

 

 

F

参加型コンテンツ
PAGETOP