チームブログ情報

3月3日(土)ジュニアユースTRマッチ
2018-03-04 07:57:16
SC鳥取プエデ

昨日は、八頭高校とTRマッチをさせていただきました。

予定では、B、Cチームとのみやらせていただく予定でしたが、急遽Aチームもスケジュールが空いて、Aチームともやらせていただく貴重な機会をいただきました。

私は、午前中は長男の卒園親子会に参加して、先生方の心のこもったメッセージに気持ちを熱くさせられ…その後すぐに切り替えて仕事をいなければならないという気持ちがぐちゃぐちゃでコントロールしきれないような(苦笑)状態で、ジュニアのTRマッチに参加してから、ジュニアユースに合流しました(汗)。

 

最後の1本しか見ることができなくて、申し訳ない気持ちでした。

でも、その中でこの冬場に積み重ねてきたことが形になっているなと感じるものが多く見つかりました。

特に、Iくんの成長ぶりはうれしく感じました。

一時は、うまくプレーできないことにいちいち首をかしげているような状態、悩みながらプレーしている状態でした。自信を失っていましたね。

でも、昨日はそういった姿がかなり変わっていました。

思い切ったプレーがかなり増えていました。

 

やはり、日々の積み重ねはうそをつかないと改めて感じました。

普段のTRから、ボールを受けるアクションを徹底して意識してやり込んでいるIくんの姿はみんなも感じているはずです。

普段のTRであれくらいやり込まないとゲームで発揮できるレベルにはもってこれないのです。

昨日、それを目の前で感じた選手はきっと今日から変われるはずですね。

 

一方で、キックの精度の低さを指摘されていたキミ…。

日々のTRでも右足でしかけらない、ボールに寄ってけらない…それが昨日の試合ではっきりと出ていました。

ドリルでやってごまかしてもダメです。

ゲームの中で全く意識してやっていませんし、その熱意を感じません。

そういう姿は「もっとうまくなりたい!!」という気持ちではなく、「とにかく失敗しないようにしよう…」という逃げの気持ちしか感じません。

私はそういう取り組みは評価しません。

そんな後ろ向きの選手はピッチに入りませんし、みんながその努力を認めていない選手の声は周りに響きません。

ぜひとも、自分の取り組みを変え、行動を変えてほしい…自分の意志で、失敗から逃げる「幼さ」を失敗に立ち向かえる「たくましさ」に変えてほしいと思います。これでは6年生のあのときのまま…ですよ。

 

来週もゲームが続きます。

ゲームに出るためにまた今日からやり込んでいきましょう!!

 

F

参加型コンテンツ
PAGETOP