チームブログ情報

2月25日(日)ジュニアユースTR
2018-02-26 16:36:18
SC鳥取プエデ

昨日は、天候に恵まれそうということで、急遽外での活動に変更して行いました。

 

せっかくですので、紅白戦をできる限り行いました。

1・2月は雪の影響もあり、全く試合ができていません。

それも割り切って、室内での活動でコツコツと身体や動きをつくり、テクニックや個人戦術を高め、個々の力を積み上げてきました。

 

ゲーム感は落ちていましたが、できることは以前よりも着実に増えていました。

ボールを奪われないようにしながらゴールを目指してプレーするという面は全体のレベルがぐっと上がったと感じています。

 

一方で、大きな差がひらいたなと感じたこともありました。

 

1つは、守備です。

特に、よりよいポジションから守る意識には大きな差が出てきました。

次を予測しながら少しずつポジションを修正しておけばいいものの、それをせずに頭・足を止めているので、スプリントしてポジションを修正しなくてはいけなくなったり、間に合わなかったりしている選手がとても目立ちました。

 

もう1つは、ボールを奪い切るねらっている選手が非常に目立ったということです。

6年生のTくん、Sくんは非常に鋭い守備を見せ、上級生からボールを何度も奪ってチャンスにつながるプレーをしていました。

また中2のTくんはスピードは全くないのですが、相手にプレーさせてボールを奪うという非常に高度なプレーをしていました。

 

そういった意図ある守備ができる選手がとても目立ちました。

目立つということは、その選手たちが他の選手たちよりも意識してプレーしているということです。

逆に言うと、チーム全体としてはできていない選手が多いということです。

彼らのいいプレーを感じ、盗み、まねる選手が増えてくれるといいなと思います。

 

これから春に近づき、外でゲームができることが増えていくでしょう。

そのときからがんばっても…今のTRで自分にできる最大限の取り組みをここで再度やりこんでほしいなと思います。

そういう地道な取り組み、姿勢が今後のみんなの成長を保証してくれる唯一の方法ではないでしょうか?

 

 

F

参加型コンテンツ
PAGETOP