チームブログ情報

2月25日(日)4種リーグ会議
2018-02-26 16:50:11
SC鳥取プエデ

昨日の夕方は、4種リーグ会議に出席してきました。

2018年度のリーグ戦について、いろいろと確認をしました。

そして、抽選を行いました。

 

下の写真の通りです!!

 

 

 

 

どの相手と試合をすることになっても、学べることがあります。成長するきっかけをつかむことができます。

それは自分次第です。

 

試合で、相手との戦いをやり込み、そして最終的には自分との戦いに負けずにやり切ることができるかどうかが非常に重要です。

試合では、相手があることなので、勝つこともあれば負けることもある…相手を上回れば勝つことが増えるし、下回れば負けることが増えます。

 

しかし、自分に負けることはあってはいけないと考えています。

1つは、「あきらめる」ということです。

試合途中で0−3になってしまった…そこで真剣にプレーすることをやめてしまう選手は少なくありません。

しかし、それは自分に負けたということです。

そんな情けない選手に成長はありません。

プエデでは、こういう姿勢は絶対に許しません。

スコアが0−3になっても、0−10になっても、自分との戦いは終わりません。

 

厳しい話になりますが、新チームは1つ上の先輩たちと比べると、格段にレベルダウンです。

その現実を嫌でも感じざるを得ません。またその現実を突きつけられる日がくると思います。

そのときに、思い出してほしいのです。

 

 

試合に負けても、自分には負けてはいけない…。

 

 

これが年間を通じて、ひたむきにやり続けられる選手は、ジュニアユースに上がってくれば確実に成長していきます。

逆に、6年生のときにここの部分をごまかしてきた選手は中2や中3になっても、この課題、もろさをひきずっていくことになってしまいます。

ここの部分は私の指導者としての経験上、とても重要だと感じる部分です。

 

こういったことはそのときにならないと気づきませんし、わかりません。

身にしみないと変えようとはしないのが人間です。

それでも、TRのときから少しでもこだわろうとしている選手は必ず変身していくのも事実です。

 

3月に入ると、リーグ戦に向けての準備=現実を知るためにTRマッチを多数組んでいます。

そこで、自分に負けてしまうことがないよう、日々のTRで自分と真剣に戦っていきましょう!!

 

 

F

参加型コンテンツ
PAGETOP